Top >  各国のワーキングホリデー >  ワーキングホリデー・カナダ

ワーキングホリデー・カナダ

【申請先】 


まず、申請書キットを入手して下さい。


カナダ大使館のファックスから自動引き出し


カナダ大使館のHPからプリントアウト


住所氏名を記載、90円切手を貼った返信用封筒を同封、

カナダ大使館に依頼


カナダ大使館図書館か、日本ワーキングホリデー協会取りに行く

 
18歳から30歳が対象です。


プログラム参加費、約15.600円を

指定の口座に振り込みます。


必ず申請前に支払、振込控えのオリジナル原本を添付して

カナダ大使館広報部「カナダ/日本ワーキングホリデープログラム係」

宛に郵送


カナダ入国予定日の遅くとも3ヵ月前に

申請書が到着するように送付。


出発前に確実に申請手続きを完了させて下さい。


出発前3ヵ月を切っている申請書類は返送の対象となります。


ワーキングホリデーの人数の枠を満たした時点で、

締め切りとなりますので、早めの申請をお勧めします。


ワーキングホリデー就労許可証を入手したら、

必ず有効期限を確認してください。


有効期限はあなたが申告した入国予定日より

1年となっています。


入国予定日を変更して入国した場合、

ワーキングホリデー就労許可証の発給を受ける前に、

入国審査官に申し出てください。


ただ、予定より早く入国したからと言って、

就労許可証の有効期限が、

カナダ入国から1年を超える事はありません。


就業の多い時期を考えて入国するなら・・・


日本人向けの求人は3月から10月頃に集中します。


例えば、2月にカナダ入国、語学学校に3ヵ月通い、

言葉に慣れて、5月頃から仕事を探し始めても

十分に間に合います。


ほとんどの人が暖かくなってからの海外留学をする為、

競争率も高くなります。

         

各国のワーキングホリデー

国別にワーキングホリデーの
申請から実際までを説明しています。

このカテゴリ内の記事


ワーキングホリデー・オーストラリア
ワーキングホリデー・ニュージーランド
ワーキングホリデー・カナダ
ワーキングホリデー・韓国
ワーキングホリデー・フランス
ワーキングホリデー・ドイツ
ワーキングホリデー・イギリス
ワーキングホリデー・アイルランド
ワーキングホリデー・デンマーク
ワーキングホリデー・シンガポール


海外留学の種類

国別の留学

海外留学の期間と上達度

各国のワーキングホリデー

海外留学の出発時期






Yahoo!ブックマークに登録