Top >  各国のワーキングホリデー >  ワーキングホリデー・ドイツ

ワーキングホリデー・ドイツ

【申請先】 


ドイツ連邦共和国大使館


新潟・長野・山梨・静岡から北海道までに

居住している場合は東京のドイツ大使館へ。


それ以外の土地に居住している場合は

大阪・神戸ドイツ総領事館でのみ

直接もしくは郵送で申請可能です。


18歳から30歳が対象です。


【東京大使館の場合】


申請書は不要で、必ず本人が出頭。


その場でデータをパソコンに入力、

プリントアウトされたものにサインをする必要があります。


【大阪・神戸総領事館の場合】


総領事館のHPから用紙をダウンロードして、

英語又はドイツ語で

長期滞在・ワーキングホリデービザ申請用紙に記入。


●必要書類


・写真1枚

・往復航空券又は予約確認書

・残高証明書(2000ユーロ以上)・健康保険証明書

・パスポート(ワーキングホリデー有効期間+3ヵ月以上の残存期間必要)


ビザ申請は通年行っていて、

ワーキングホリデービザ発給数の制限はありません。


ビザ発給までには東京大使館に申請で約10日間。


大阪・神戸総領事館は出向いて行うか郵送で行うか選べて、

1ー2週間かかります。


ドイツは失業率が高く、

就労先を探すのは容易ではありません。


働くにはドイツ語必須で、

90日間という就労制限があります。


日本系企業の多いフランクフルトやデュッセルドルフなどには

日本人向けの求人が比較的多いようです。


しかし、最低限の日常会話を身に付けた上で、

根気よく求職活動をする必要があるようです。


5月から9月の期間中のみ労働仲介所や各地の労働局で

海外留学生向けに外国人ホリデーワークを紹介しているようです。

         

各国のワーキングホリデー

国別にワーキングホリデーの
申請から実際までを説明しています。

このカテゴリ内の記事


ワーキングホリデー・オーストラリア
ワーキングホリデー・ニュージーランド
ワーキングホリデー・カナダ
ワーキングホリデー・韓国
ワーキングホリデー・フランス
ワーキングホリデー・ドイツ
ワーキングホリデー・イギリス
ワーキングホリデー・アイルランド
ワーキングホリデー・デンマーク
ワーキングホリデー・シンガポール


海外留学の種類

国別の留学

海外留学の期間と上達度

各国のワーキングホリデー

海外留学の出発時期






Yahoo!ブックマークに登録