Top >  各国のワーキングホリデー >  ワーキングホリデー・アイルランド

ワーキングホリデー・アイルランド

【申請先】 


アイルランド大使館 ワーキングホリデープログラム係


まず申請を行って承認を受ける必要があります。

申請許可を受けて初めて

ワーキングホリデービザの申請が可能になります。


18歳から25歳が対象です。


全日制の学校に在籍していたか、

常勤で就労していた場合は

最大30歳まで引き上げが可能になります。


申請料金は無料です。


健康であり、犯罪歴がない事が条件です。


アイルランド大使館のHPから

ワーキングホリデービザ申請書(英文)を

ダウンロードして、記入して下さい。


●必要書類


・写真2枚(パスポートサイズ)・履歴書(英文)


・パスポートの全てのページのコピー(残存期間6ヵ月)

(A4サイズで空白ページも含めての前ページをコピー)


・英文の最終学歴校の卒業証明書、成績証明書、在籍証明書のいずれか


・英文の本人名義の残高証明書原本(50万円以上)


・住所氏名を記入して、90円切手を貼った返信用封筒


毎年募集の実施は年毎に変わります。


一度申請許可を得られなくても、

別の期間の募集に応募する事が出来ます。

(アイルランド大使館HPで申請時期をよくチェックして下さいね)


申請許可が降りたら


・滞在期間有効な医療海外旅行保険加入の証明書類

・パスポート原本・補足申請フォーム・返信用封筒

を、アイルランド大使館宛てに郵送。


必要書類送付後、許可証が

発給されるまでの期間が2週間以上です。


アイルランドでの海外留学生にとっては、

アルバイトなどの就労事情に極めて

厳しい現実が待っているようです。


地方都市よりもダブリンなど、

海外留学生が多く集まる地域には、

求人数もそれなりに存在する様です。

         

各国のワーキングホリデー

国別にワーキングホリデーの
申請から実際までを説明しています。

このカテゴリ内の記事


ワーキングホリデー・オーストラリア
ワーキングホリデー・ニュージーランド
ワーキングホリデー・カナダ
ワーキングホリデー・韓国
ワーキングホリデー・フランス
ワーキングホリデー・ドイツ
ワーキングホリデー・イギリス
ワーキングホリデー・アイルランド
ワーキングホリデー・デンマーク
ワーキングホリデー・シンガポール


海外留学の種類

国別の留学

海外留学の期間と上達度

各国のワーキングホリデー

海外留学の出発時期






Yahoo!ブックマークに登録